業者選びを慎重に行うイメージ

クレジットカードを現金化する際には、業者の協力が必要不可欠です。
はじめて挑戦する人は、選択肢(業者)の多さに頭を抱えていることでしょう。今回はそうした人に向け、業者の選び方をご説明します。
第一に重視するべき『誠実さ』です。残念なことに、業者の中には所謂“悪徳業者”が数多く存在します。
以下は、そうした悪徳業者を見分けるためのポイントです。ご参考下さい。
◎還元率92%以上
還元率は幾ら現金化するかによって変動します。少額の現金化ほど低く(80%〜)、高額になるほど上がりますが、クレジットカードの性質上、還元率は92%が限界です。
なぜなら商品の販売者は、カード決済を導入するためにカード会社と代理店契約を結ばねばなりません。そしてカード決済が発生する都度、手数料を納めます。
手数料は商品代金によりますが、最高7%です。還元率が95%、カード決済の手数料が5%だった場合、利益はゼロ。これでは商売が成立しません。しかし還元率の上限を92%とすれば、手数料が最高値の7%だったとしても1%の利益を得られます。
◎所在地をはじめ業者情報の記載がない
無店舗(インターネット出店)型を利用する場合は、必ずチェックして下さい。
事務所の所在地、電話番号、代表者名をはじめ、相手が何者であるかわかる情報は記載されていますか?また、その情報は確かですか?グーグルマップ機能を使えば、住所先が確かであるか、ある程度の確認を行えます。近場であるなら、実際に足を運ぶと確実です。
◎口コミが『良』ばかり
口コミをはじめ、インターネット上の情報はいくらでも操作が可能です。それが信用に値する情報かどうか、見破る術はありません。
口コミで役立つのは、せいぜい『悪』評価でしょう。業者が不利益になる情報を、自ら拡散するとは考えがたいためです。

事前に現金化のトラブルについて知っておくのが一番です。

関連記事