Amazonギフト券買取サイトとクレジットカード現金化

Amazonギフト券買取サイトとクレジットカード現金化はどう違うの?
そんなふうに思っている人もいるかもしれません。
しかしこの2つの最も大きな違いは、安全性と換金率だと言えます。

まずクレジットカード現金化も違法行為ではありませんが、クレジットカード会社の利用規約に違反する行為です。
下手するとクレジットカードが利用停止になってしまうリスクがあります。
それに、クレジットカードの番号を業者に伝える事も不安があるし、キャッシュバック付きとは言え、無価値な商品をクレジットカードで決算にお金を支払うという行為にも不安を覚える人は多いのではないでしょうか?

つまりクレジットカード現金化は、違法行為ではないとは言え、限りなくグレーゾーンな行為なので、利用する事に抵抗を感じている人も少なくないのです。

その点、Amazonギフト券買取サイトに関して言えば、金券ショップと同じような感覚で利用する事が出来ます。
しかも実店舗へ行く必要性はなく、ネット上で全ての手続きが出来るので利便性が高いと言えます。
Amazonギフト券の知名度の高さも安心感に繋がっていると言えるのではないでしょうか?

同じように現金を手に入れる手段だとしても。クレジットカード現金化よりもAmazonギフト券買取サイトの方が安心して利用する事が出来ます。
そして安心感だけでなく、Amazonギフト券の方が換金率が高いという点も注目して下さい。
クレジットカード現金化よりも相場で5~10%高いと言えるでしょう。
5~10%の差は、金額が大きくなるに従い、大きく差がつきます。

Amazonギフト券買取サイトの中でも差がつく

Amazonギフト券買取サイト自体は、どのサイトも比較的新しいサイトだと言えます。
ですがたくさんのサイトが存在する中で、今後生き残る事が出来るサイトは限られてくるでしょう。
そんな中で生き残る事が出来るサイトだと思うのが「満ゾク」です。

業界トップクラスの買取率を誇り、最大で95%で買取を行っています。
しかも手数料は0円で、利便性が高いという点もサイトが支持される理由だと言えます。
取扱いのある銀行も、三菱東京UFJ、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、ジャパネット銀行、楽天銀行と種類が多くなっています。Amazonギフト券買取サイトを利用する場合、急に現金が必要な状況が多いはずです。

そんな時に利用したくても取扱い銀行の口座がなく、口座を作ろうと思えばそれだけで時間がかかってしまいます。
ですが満ゾクなら取扱い銀行が多く、しかも大手銀行ばかりなので、この中の1つぐらいは銀行口座がすでにあるという人が利用者の大半なはずです。

またメールで24時間受付しているサイトは珍しくありませんが、満ゾクのように24時間電話で受け付けをしているサイトは珍しいと言えます。そのため夜中でも疑問点や不安がある場合は電話で問い合わせをして、疑問や不安を解消してから利用する事が出来ます。

ちなみに申込みから振込までにかかる時間は、最短で5分となっています。
買取金額に制限はなく、1回の買取申込みでは1万円~200万円となっていますが、何回でも申込みする事は可能です。

Amazonギフト券買取サイトを利用する注意点

これは満ゾクに限った話ではなく、どのAmazonギフト買取サイトでも同じ扱いになっていますが、Amazonギフト券を買取した後にキャンセルする事は出来ません。
なぜかというと、Amazonギフト券が利用可能かどうかチェックする段階で確認作業を行います。
そして登録し、チャージされてしまうと、他の人がそのAmazonギフト券のコードを利用しようとしても、利用する事が出来なくなってしまうためです。

買取後にやっぱりキャンセルしたいという人はそう多くはありませんが、キャンセル不可だという事を覚えておいて下さい。
あと、満ゾクのサイトでは、Eメールタイプに限らず、カードタイプ、印刷タイプ、法人タイプなど、どんなタイプでも買取する事が可能ですが、有効期限が過ぎてしまったAmazonギフト券の買取する事は出来ません。

Eメールタイプで発行してから1年で有効期限となります。
1年の猶予があるため、そう簡単に有効期限は切れないと思いますが、今は特に欲しいモノがないから後で利用しようと思っていると忘れて有効期限が切れるという可能性もあります。

なのですぐには利用しないAmazonギフト券は、Amazonギフト券買取サイトで換金しておいた方がいいと言えます。
またオークションでAmazonギフト券は売買されていますが、安く販売されているモノは有効期限がギリギリのモノである可能性が高いため注意が必要です。

関連記事