Pocket

金欠の時こそ換金エクスプレスで!

手続きが簡単、というのはどんな業種でも利用者にとっては大きなメリットですが、換金エクスプレスはAmazonギフト券の買取サイトの中でも、非常に手軽かつ手続きが楽です。
必要書類などもそれほど大変ではないので、誰にでも使えるという利点があります。

換金エクスプレスでの手続きについて

換金エクスプレスを利用方法は簡単に言って、Amazonギフトカードを買取してもらうことで現金を得るということです。
手続き自体もかなり簡単で、初めて利用する人でも迷うことなく利用する事ができます。
換金エクスプレスは、最近主流になって来ているギフトカード現金化の業者と同じで、インターネットや電話での申し込みのみで、店舗での取引を行っていない業者です。
そのため、好きな時間に全国どこからでも取引をする事ができます。

どうやって換金エクスプレスで取引をするか

申し込み方法は買取フォームか電話からの2つ。
いずれにしても先ずは必要事項をメール送信をする、というところから始まります。そして、それらの確認が終了した後に業者から買取案内のメールが届きますので、メールの指示に従って取引を行う形になります。

具体的な取引の内容については、先ず、買取をしてもらうAmazonギフト券を確認してもらいます。基本的にはギフトコードを相手に伝える事で終了するのですが、メールタイプの物や印刷タイプの物は画像の送信となり、カードタイプの場合、現物の送付が必要になることもあります。
この時、不正ギフト券での売買取引ができないようにするために、本人確認が必要になります。本人確認には、運転免許証か健康保険証、住基カードなどを写真で撮ってメール送信をする必要があります。
いずれも所持していない場合は、相談の上で本人確認出来る書類などを利用する事になります。

送金までの手続きと流れについて

Amazonギフトカードを換金エクスプレスに送信して、問題がないと確認ができれば買取され、指定の金融口座に送金されます。
送金までの時間については、場合によっては時間がかかってしまうことがありますが、時間帯や銀行によっては基本的には即日での入金がされます。
問題ない場合、遅くとも一時間程度の時間で送金は反映されることになりますが、銀行の取り扱い時間によっては反映が翌日になることもあります。
取引の際には、送金先口座はネットバンクなどに対応しているものだと、取引終了時間になっても即日での送金反映がされるので、おすすめです。
そのため、換金エクスプレスを利用するのであれば予めインターネットバンクの口座を用意しておくと良いかもしれませんね。

換金エクスプレスで取引をするメリット

先程も紹介しましたが、換金エクスプレスではAmazonギフト券を買取してもらうメリットはなんといってもその入金までの早さです。
振込の反映自体は、タイミングによっては翌日扱いとなってしまう場合もあるのですが、ネットバンクを利用することでそのデメリットも解消される場合もあります。多くのネットバンクは入金から反映が土日関係なく早いので、現金化の場合にはおすすめですね。

また、買取価格の下限価格も1万円とかなり低めに設定されていますので比較的、手軽に利用する事ができます。上限は決まっていないので、理論値としては何百万円分も換金する事が出来るのですが、それくらいの金額のAmazonギフト券を持っている人、というのは個人では中々いないでしょう。

気になる買取代金の振込手数料ですが、基本的には200円となり、買取価格が50000円未満の場合は手数料が1000円となっているので、手軽ではあるのですが低価格の換金、というのは少し効率が悪いのかもしれません。

換金エクスプレスは使いやすい

換金エクスプレスは、ギフト券の買取換金業者の中でも特に使い勝手がよくて換金率も高いし、良質な取引をしてくれるというところで非常におすすめの買取業者と言えるかもしれません。
Amazonギフト券の買取をしてもらう際には候補の一つとしておすすめですし、他に使っているお気に入りのサイトがなければ、まずは換金エクスプレスから使ってみてはどうでしょう。

現金化の前にぜひ知っておきたいポイント

関連記事