手続きが簡単、というのはどんな業種でも利用者にとっては大きなメリットですが、換金エクスプレスはAmazonギフト券の買取サイトの中でも、非常に手軽かつ手続きが楽なんですね。
必要書類などもそれほど大変ではないので、誰にでも使えるという利点があります。

■換金エクスプレスでの手続きについて
換金エクスプレスを利用する際、Amazonギフトカードを買取してもらうことで送金をする、という物になっています。
手続き自体もかなり簡単で、初めて利用する人でも迷うことなく利用する事ができます。
換金エクスプレスは、最近主流になって来ているギフトカード現金化の業者と同じで、インターネットや電話での申し込みのみで、店舗での取引を行っていない場所です。
なので、電話やインターネットだけでの取引で終わるため足を運んだりしなければいけないこともないので、好きな時間に好きなときに取引をする事ができます。

■どうやって換金エクスプレスで取引をするか
買取フォームか、電話での買取申込をすることになるのですが自分の連絡先や買取に必要な書類などをメール送信をする、というところから始まります。
そして、書類などの提出が終われば改めて確認が終了した後に買取案内のメールが届きますので、メールの確認後、指示に従って取引を行う形になります。
まずは、買取をしてもらうためのAmazonギフト券を送付することで商品を確認してもらうことができます。
基本的にはギフトコードを相手に伝える事で終了するのですが、メールタイプの物や印刷タイプの物は画像の送信で済むのですが、カードタイプの場合現物の送付が必要になることもあります。
また、その際には不正ギフト券での売買取引ができないようにするために、本人確認も必要になるんですね。
運転免許証か健康保険証、住基カードなどを写真で撮ってメール送信をする、ということになります。
いずれも所持していない場合は、相談の上で本人確認出来る書類などを利用する事になります。

■送金までの手続きと流れについて
Amazonギフトカードを換金エクスプレスに送信して、物の確認をすることが出来れば後は承諾を得て取引をすることができます。
取引が終われば、後はAmazonギフトカードの買取価格を指定の金融口座に送金をする、という形で取引が終わるんですね。
送金までの時間については、取引状況だったり換金エクスプレスの状況や金融機関の混雑状況などにおいて時間がかかってしまうことがありますが、基本的には即日での取引をする事ができます。
なので、一時間程度の時間で送金は反映されることになりますのであまり時間をかけたり、翌日になったりする、ということは少ないですね。
取引の際には、送金先口座はインターネットバンクなどに対応しているものだと、取引終了時間になっても即日での送金反映がされるので、おすすめです。
なので、換金エクスプレスを利用するのであればそれようにインターネットバンクを1つは開設しておくといいかもしれませんね。

■換金エクスプレスで取引をするメリット
先程も紹介しましたが、換金エクスプレスではAmazonギフト券を買取してもらうというときに一番メリットになるのは即日での入金が可能になっているところですね。
書類とAmazonギフトの送付を完了すると、その日のうちに指定口座に買取代金が入金されるようになっているんですね。
振込の反映自体は、金融機関によっては日付をまたいでしまうこともあるのですが、インターネットバンクなどでは取引受付時間がある程度融通が利きますので、午後過ぎになっても即日反映されるんです。
また、買取価格の下限価格も1万円とかなり低めに設定されていますので比較的、手軽に利用する事が出来るんですね。
上限は決まっていないので、理論値としては何百万円分も換金する事が出来るのですが、それくらいの金額のAmazonギフト券を持っている人、というのは中々いないでしょう。
また、気になる買取代金の振込手数料ですが基本的には200円となっているのですが、買取価格が50000円未満の場合は手数料が1000円となっているので、手軽ではあるのですが低価格の換金、というのは少し効率が悪いんですね。

■換金エクスプレスは使いやすい
換金エクスプレスは、ギフト券の買取換金業者の中でも特に使い勝手がよくて換金率も高いし、良質な取引をしてくれるというところで非常におすすめの買取業者となっているんですね。
換金エクスプレスは、Amazonギフト券の買取をしてもらおうというときに一番に入れておきたい候補のサイトなんですね。
他に使っているお気に入りのサイトがなければ、まずは換金エクスプレスから使ってみてはどうでしょう。

関連記事