入念な業者選びを!

クレジットカードの現金化とは違法性のある行為ではありません。
そのためクレジットカードの現金化をした事で罪に問われる心配はありません。
ですが、クレジットカード会社としては、その方法を認めてはいません。
えっ、どういう事?と思うかもしれません。
もともとクレジットカードでモノを購入し、それを専用の業者が買取、現金を手に入れる。
そんな事が行われる事を想定していなかったため、該当する法律が存在しないという事です。
つまり、グレーゾーン的な方法であり、あまり褒められた方法ではありません。
そうと分かった上で、利用するわけですから、文句は言えませんが、法律のギリギリのグレーゾーンを専門的に行う業者が全うな会社なのか?といえば、あまり全うだとは言えないでしょう。
だからこそ、悪質な業者も少なくないため、クレジットカードの現金化の際には、業者選びが重要になってくるのです。
もし、騙されてしまった場合に、警察に被害届が出す事ができるのか?と言えば、やはりクレジットカード会社がしてはいけないという行為をしてしまったわけで、自分にも非があるために、訴えずらいのが現状です。

万が一トラブルに遭った時は国民生活センターに相談を!

そしてそれを分かった上で、悪質業者は悪い事に手を出している訳ですから、相手の方が一枚上で、そんな相手には近づかない方が賢明だと言えるでしょう。クレジットカードの現金化でクレジットカードの番号と名前という個人情報を相手に知られてしまったわけです。
さらに、警察に訴えたなんて余計な事をして目をつけられた際に、どんな報復をされるのか見当もつきません。
なので、一応最初に約束した行為は守ってくれる。そんな信頼度の高い業者とやり取りするようにしましょう。

関連記事