在宅ワークの副業とは、自宅で行う作業のため、コツコツと作業する事が苦にならない人が向いている。
そう思っている人が多いかもしれません。
もちろん、三日坊主で作業に飽きてしまう人よりも、コツコツと長く続けられる人の方が向いている事は確かです。
しかし、依頼された在宅ワークの作業だけを、もくもくとルーティンワークのように作業している人は、月に数万円を稼ぐ事は可能でも、それ以上を稼ぐ事は出来ないでしょう。

実は在宅ワークであっても行動的な人の方が向いているのです。
行動的って自宅の中でパソコンの前に座ってする作業なのに?
と不思議に思うかもしれませんが、要は相手に働きかける事ができるか、自分からアクションを起こせるかという事です。

例えばある男性は、WEBライターの全くの初心者から仕事をスタートさせました。
そのため最初はとにかく初心者でもできる単価の安い仕事をたくさんこなしました。
そして量をこなすと同時に、質にも拘りました。
1年ぐらいそんな状況を続け、そして、単価アップの交渉をしたそうです。
そうやって単価を上げ、そしてこんな内容の仕事があれば、やってみたいですというふうに自分からもどんどん提案していきました。

そうすると、やってみたい仕事の依頼がくるようになり、実績を重ねて、今ではWEBライターで稼ぐための方法などの講演会を開いたり、書籍を出版するようになりました。最初は副業でしたが、副業よりも稼げるようになり、また忙しくなってきたので、サラリーマンを辞めて、今ではサラリーマン時代よりも稼げるようになりまし。
ここまで行動を起こすのは、難しくても、自分に出来る範囲から、行動を起こしてみませんか?

関連記事