クレジットカードの情報を確認する男性

盗まれたり紛失することがなくてもクレジットカードの情報を取られてしまう、スキミングという犯罪が後を絶ちません。カードを不正に読み取る機械をATMなどにしかけ、知らない間に情報を盗んでいくこの手口は、年々巧妙になってきています。被害を防ぐために、カード利用者はどのようなことに気をつけるべきなのでしょうか。
気をつけて取り扱っているつもりでも、クレジットカードを危険にさらしている可能性があります。たとえばごく一般的なATMの機械。
どこにでもあるので皆さんよく利用するかと思います。ですが、ある日突然そのATMに不審な機械が取り付けられていることもあり得るのです。

最近のスキマー(スキミングの機械)はカード出入り口と一体化するようなものが多く、気づかずにカードを入れてしまうよう仕組まれています。
また、支払いなどで安易に店員にカードを預けるのも、かなり危険な行為だといえます。そのカードを裏へ持って行き、気づかないあいだにスキマーに通されているかもしれないのです。
こうした点に注意するのはもちろんですが、暗証番号を安易なものにしない、定期的に変更するなどの対策が地味ですが効果的です。ちょっとした知り合いなら生年月日や電話番号などは知ることのできる時代なので、予測しやすいこれらの番号は決して使用しないようにしましょう。

関連記事