トラブルに巻き込まれる事も

クレジットカードというものは、ショッピング枠といわれるものを使って、商品の購入に使う現金を後払いにするというものです。
また、キャッシング枠というサービスを使って、現金を借り入れすることができるという利用方法もあります。
最近では、このキャッシング枠を使わずに、カードから現金を引き出す方法が問題視されてきているようです。
その方法というのが、クレジットカードの現金化といわれるもので、ショッピング枠を使ってのカードの現金化行為なのです。
クレジットカード現金化を主に行っている業者が存在しており、この業者がそのショッピング枠に応じて現金を還元するというものになっています。
クレジットカードのキャッシング枠を使って現金を借り入れすることは正しい使い方ではありますが、これをショッピング枠に当てはめるとまた話が違ってきます。
もちろん、場合によってはカードのショッピング枠を使って購入したものが、最終的に現金になって手元に残るということはあるかと思います。
そのため、すべてのショッピング枠経由での現金変換を違法とすることができないのもまた事実です。
実質的にグレーゾーンとして扱われているこのショッピング枠の現金化は、実際に利用することでトラブルの元になる可能性があることも理解しておきましょう。
例えば、利用をした業者が悪質な存在であり、そのクレジットカードを悪用することを最初から目的としている場合です。
業者が申込者からクレジットカードの暗証番号を聞き出すなどして、それを悪用する事例があるようです。
グレーゾーンな利用方法であるだけに、こういったところに付け込もうとする業者もまた存在するのでしょう。
ショッピング枠の現金化を申し込むのも、消費者金融で借り入れをすることができない事情のある利用者であったりするので、トラブルのタネは多いことでしょう。
あまり甘い話だと思って飛びつくと、あとで痛い目を見ることになるかもしれません。

関連記事