現金化には審査が不要

消費者金融では、お金を貸す事が仕事ですが、誰にでもお金を貸すわけではありません。
ボランティアではありませんから、お金の返済能力があると判断した人にしかお金は貸しません。
そのため、お金を借りたいと申し込みをしても、そこで審査が行われ、審査に通った人にのみ、お金を貸し出す仕組みとなっています。
しかしクレジットカードの現金化の業者は、審査を一切行っていません。
審査を行わずに、お金を貸して、返済されなかったら損をしないの?
クレジットカードを作る際に審査を行っているから、クレジットカードを所有している事で審査を手間を省いているの?
そんなふうに思っている人もいるかもしれません。
しかしながら、どちらも少し違います。
まずクレジットカードの現金化の流れを思い出してみて下さい。
その中で、商品を購入し、商品を買取するという流れがあります。
10万円の商品を購入し、その商品を7万5千円で買取、消費者はクレジットカードで7万5千円の現金を手に入れるわけです。
では業者の立場になって考えると、10万円分の価値がある商品を7万5千円で買取したけれど、それをどこかに売れば10万円は無理でも9万円分ぐらいの利益にはなるでしょう。つまりその時点で、業者は消費者がお金を返済できなくても、自分たちは損をしない仕組みになっているのです。考えてみればそうですよね。消費者金融では消費者金融に借りたお金を消費者金融に返済します。
しかしクレジットカードの現金化は、借りたお金の請求書はクレジットカード会社に返済します。
つまり業者は無関係なので、自分達が損をしないため、審査をする必要がない、ある意味無責任な状態だとも言えます。

関連記事