消費者金融のキャッシングには、上限額が表記されています。
上限額は消費者金融によって設定が異なりますが、高いところだと500万円〜800万円も借りる事が可能です。
もっともこの金額は誰でも借りれるというわけではありません。
消費者金融で借入する場合、当然ですが、5万円の審査は審査基準が軽くなりますが、50万円の審査は厳しくなります。
金額が高くなれば高くなるほど、審査に通りにくくなるのは当たり前の事ですよね。
そして500万円借りようと思ったら、まずあなた自身の収入が1500万円なければいけません。
なぜかというと、法律でキャッシングの金額は年収の3分の1以下でなければいけないと決められているからです。
確かに利息もありますし、生活費も考えたら3分の1以上の借金をしてしまうと、返済に行き詰ってしまうのは目に見えているからです。
そして注意点としては、その年収の3分の1以下というのはあくまでも総額の話です。
消費者金融1社には10万円しか借入していなくても、その利息が増えて30万円になってしまったとか、複数の消費者金融で借入しているという場合は審査には通りません。総額で3分の1を超えたら借入する事ができません。
上限500万円だから、自分の必要な金額は借入する事ができるという意味ではないので、注意してください。

関連記事