キャッシングの審査内容イメージ

消費者金融のキャッシングサービスは、消費者にお金を貸してくれます。
ですが、どんな人に対してもお金を貸すわけではなく、きちんとお金を返済してくれると判断する人にお金を貸しています。
そしてその判断材料となるのが、必要書類です。
必要書類の内容は、まず本人確認をするために、運転免許証のコピーを提出します。
そして、一定の収入がある事を証明するために、源泉徴収票を提出します。
ただし、源泉徴収票は会社に発行を依頼しないと手元にはないという人もいるでしょう。
悠長に、発行されるのを待つ時間的猶予がないかもしれません。
そんな時には、直近2ヶ月分の給与明細書でも、一定の収入がある事の証明をする事は可能です。
そしてこれらの必要書類に加えて、消費者金融では信用情報を確認しています。
信用情報とは、過去に消費者金融を利用した事があるかどうか、公共料金や年金等で延滞していないかどうかなどをチェックします。
ここでブラックリストに掲載されている場合は、基本的にどの消費者金融でも借入を断られてしまうでしょう。
消費者金融にしてみれば、借金をして、借金の返済ができず、借金が膨らみ最終的に自己破産されてしまうと、借金の回収が出来ません。
そのためしっかり審査を行い、きちんとお金を返済してくれる可能性が高い人にしかお金を貸したくないのです。

関連記事