キャッシングの審査イメージ

消費者金融や銀行のキャッシングでは、審査が行われ審査に通らなければお金を借りる事ができません。
では審査ではどのような事を、調べられるのでしょうか?
まず審査基準を大きく分けると、個人情報と信用情報に分ける事が可能です。
個人情報の方は分かりやすいですが、あなたが思っているよりも詳細に内容を聞かれます。
例えば年収や勤務先は予測しているかもしれませんが、それ以外にも住宅は持ち家かどうかも重要なポイントになりますし、また固定電話があるかどうかも確認されます。
なぜかというと、借金の返済が出来ずに追いつめられた場合は夜逃げをする人も中には存在します。
ですが、持ち家がある人は、少なくとも家の売却をするまでは夜逃げをする事ができません。
また固定電話がある家庭の方が、携帯電話だけの家庭よりも、夜逃げ率は低いと判断されます。
同様の理由で子供が通っている学校が私学かどうかも審査の判断基準となります。
また年齢に関しては、若い方が今後働ける年数が長い=借金の返済が可能と判断されます。
逆に年収が高くても60代で定年が近ければ、働ける年数が少ない分、審査ではマイナスの要因となります。
信用情報とは、金融機関が共通で見る事が可能な情報で、いつどこでどれだけお金を借りた事があるのか、過去や現在の借金事情を知る事ができます。この信用情報に悪い内容が記録されていると、審査になかなか通らず。お金を借りるのに苦労する事になります。
複数の消費者金融でお金を借りている、返済で遅延をした事がある、消費者金融の審査に落ちた事があるなど、いろいろと記録され、その記録情報は〇年経過すれば消えるとそれぞれ記録年数が決まっています。
信用情報に都合の悪い情報が記録されている場合は、銀行や大手消費者金融でお金を借りるのはまず無理だと諦めましょう。
中小消費者金融で借りれたら上等で、それも無理ならクレジットカードの現金化や、最悪自己破産となります。

関連記事