無担保・無利息で借りれる意味を解説します

消費者金融のキャッシングサービスは、無担保で無保証人で借りる事ができるのが魅力です。
そのため家族に内緒で借入している人も少なくないでしょう。
しかし、無担保で無保証人だからこそ、利息が高くなりますし、あまり高額な金額を借入する事ができません。
もしあなたが病気の治療費など高額なお金を必要としていて、利息を出来るだけ抑えたいという場合は、むしろ担保で保証人をつけるべきだと言えるでしょう。
またキャッシングサービスを利用する際に、無保証人でもお金を借りる事ができますが、それは一定の収入がある場合です。
専業主婦の場合は、一定の収入がないため、無保証人ではお金を借りる事ができません。
ただし、夫を保証人にすればお金を借りる事ができる消費者金融も以前は存在しました。
しかし消費者金融の法律が改正されて、今では専業主婦は消費者金融のキャッシングではお金が借りれなくなっているはずです。
なのに、借りれるところがあれば、逆に違法行為を行っているヤバい消費者金融だと警戒するべきだといえるでしょう。

トラブルに巻き込まれないためには?

担保するものがない、保証人になってくれる人がいない、それでもお金を借りたいという人にとって、無担保、無保証人で借入できるのは助かります。しかし、それは保証がないため、利息が高くなる、少額しか借りれないなど条件が悪くなっているという事を意味しています。

関連記事