借金を背負う人のイメージ

お金は、貯めこむばかりでは増えません。
国内銀行の利息などあってない様なもので、数万数十万円の預金では、年の利息は10円以下です。インターネット銀行であればもう少し良い条件を得られますが、それでも“(国内銀行と)比較すれば幾分かマシ”というレベルでしかありません。
そのためお金を増やしたい場合は、積極的な資産運用が求められます。
資産運用には二つの手法があります。ひとつは、利益よりも損失を抑えることに重点をおくローリスク・ローリターンの運用。もうひとつは、損失覚悟で利益拡大を狙うハイリスク・ハイリターンの運用です。
どちらが正解ということはありません。資産額はもちろん、ライフスタイルに応じて適した運用は異なります。つまるところ最重要ポイントは、損失が発生した場合にそれを補填できるだけのものがあるか・ないかになります。
なお資産運用は手持ちの資金が全てではありません。ハイリターンを期待できる場合は、ローンをはじめ借金という選択肢があります。
借金はマイナスイメージが強い存在ですが、この場合はプラスに転じるための起爆剤、賢い借入れといえるでしょう。実際に、開発が噂される地域での物件や、大きな動きが予測される株を購入するため、ローンを組んだり資金の借入れをする人は多いです。
資産運用は、プラス・マイナス両方を上手にコントロールすることで結果が生まれます。未経験であるなら、まずはローリスク・ローリターンの運用がおすすめです。全体的な流れを観察し、どういったタイミングでリスク・リターンが発生するか学びましょう。何事も体験が大切です。本格的な運用の前に、しっかり予習しておきましょう。

関連記事